カードキャッシング限度額の目安を知っておこう

カードキャッシング限度額は金融機関により異なりますが、概ね年収の3分の1となります。
消費者金融、クレジットカードのキャッシング機能などは、総量規制により年収の3分の1以内と定められています。
銀行は無制限に借入できると考えている方が多いですが、実際の融資では消費者金融と同じくらいになることが多いです。
返済能力に応じた限度額が設定されるわけです。
融資において重視される属性は、現在の年収と職業、雇用形態の3点になります。
他社借入件数は少ないほうが有利なので、おまとめローンを利用して一本化するなどしましょう。

カードキャッシング限度額は契約後に段階的に引き上げられる場合も多いため、初期の段階では少なくなる可能性が高いです。
金利に応じて利率が変化するローンもありますが、利息を抑えようと考えて借りすぎるのは避けましょう。
元金が大きくなるほど利息も大きくなるからです。

返済方法は定額・定率スライド方式が中心ですが、繰り上げ返済が可能なローンが多いため、早期完済をして総支払い額を抑えることはできます。
ローンの利用をする前に、支払い方法の比較もしておきましょう。